So-net無料ブログ作成
スポンサードリンク

ツタンカーメン王はマラリアで死亡 [アメリカ・ヨーロッパ・中国アジア]

ツタンカーメン王はマラリアで死亡、アクエンアテン王が父 ついになぞが明らかに


 病弱、病死というのはちょっと意外ですね。
また、CTスキャンや遺伝子指紋法などを使ってツタンカーメンのミイラを調べたところ、ツタンカーメンが一族の多くがかかった複数の疾患を抱えていたことも明らかになった。疾患には、骨疾患や内反足などもみられたという。  これらのことから研究者らは、ツタンカーメン王について、威厳のある王というこれまでの描写よりもむしろ、「若く虚弱で、骨壊死症のために歩くのに杖を必要とし、ときにフライバーグ病(第2ケーラー病)の痛みに苦しみ、右足は欠指症で、左足は内反足だった」と描写した。

黄金のデスマスクからは若いのに権力あったようなイメージを持ってましたが。
 


 
また研究者らは、遺伝子指紋法によりY染色体の部分情報から、古代エジプトで宗教を改革しようとしたアクエンアテン(Akhenaten)王(紀元前1351~1334年)が、ツタンカーメンの父であると特定。母はアクエンアテン王の姉妹であるとした。  また、ツタンカーメン王は娘2人の父親となるはずだったが、いずれも胎内で死亡していたことが分かった。

 ここらへんは良くありがちですね。
昔は血が濃いですし。
 久しぶりにブログ書きました[たらーっ(汗)]
 今年入ってからあまりに忙しくて目が回りそう[もうやだ~(悲しい顔)][バッド(下向き矢印)]
スポンサードリンク

nice!(163)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 163

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。