So-net無料ブログ作成
スポンサードリンク

遠目には見分けつかないクオリティの女性型ロボット [大阪府・京都・奈良・滋賀・三重・和歌山・兵庫県]

人間そっくりの女性型ロボ、阪大とココロが発表

大阪大学(Osaka University)の石黒浩(Hiroshi Ishiguro)教授らの研究グループとロボットメーカーのココロ(Kokoro)は3日、共同開発した20代女性をモデルにした人間型ロボット「ジェミノイドF(Geminoid-F)」を大阪市内で発表した。  12個のアクチュエーターと空気圧で本物の人間のような表情を作る。モデルになった女性は、双子の姉妹ができたようだと語った。  病院などでの利用を想定している。石黒教授によれば約1000万円で主にロボット研究機関向けに発売する予定。

 もう遠目には見分けつかないですね。
 1000万円ってお安いのかも?
つい最近NHKでチーム・バチスタの栄光の作者の海堂尊さんが出ててクローン技術が進んでるのを紹介してたけど、ロボットもクローンもちょっと怖いかも。。。
スポンサードリンク

nice!(12)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 12

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。