So-net無料ブログ作成
スポンサードリンク

ソーセージやベーコンは心臓病・糖尿病のリスクを高めるらしいです。 [アメリカ・ヨーロッパ・中国アジア]


手軽なだけに、食卓にあがる率が多いだけに、気をつけなくちゃ。
今朝もソーセージを食べました・・・。

飽和脂肪やコレステロールの量は、赤身肉と肉加工食品との間に大差はないが、肉加工食品には平均で赤身肉の4倍の塩分と1.5倍の保存料(硝酸塩)が含まれているという。

塩と亜硝酸塩が問題なのですね。

研究チームは、心臓病や糖尿病リスクを軽減するためには、ベーコン、サラミ、ソーセージやハム類など肉加工食品の摂取を避けるのが望ましいとしているが、 1週間に1回程度の摂取なら、ほぼ問題ないという。


スポンサードリンク

nice!(62)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 62

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。