So-net無料ブログ作成
スポンサードリンク

エイズ関連諸団体がFIFAを批判、南アフリカ [アメリカ・ヨーロッパ・中国アジア]



「FIFAはこれまで、関係団体によるHIVや健康に関する情報発信を許可していないし、スタジアムやイベント会場でコンドームを配ることについても、書面では確認していない」と指摘し、FIFAには地元団体と協力してHIVの感染拡大に取り組む「道徳的責任」があると主張した。

南アフリカでは人口約4800万人のうち570万人がHIVに感染しており、W杯期間中にさらに感染が拡大するおそれがある。

HIV成人感染率世界マップ原データ(高い順)によると2007年末における感染率の高い国は、スワジランドが世界最高の26.1%、ボツワナが第2位の23.9%などアフリカ南部の感染率の高さがひときわ目立っている。
南アフリカは4位で2007年18.1%2001年16.9%となっているそうです。
スポンサードリンク

nice!(37)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 37

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。