So-net無料ブログ作成
スポンサードリンク

「宇宙エレベーター」、40年後に実現? [サイエンス]

約10万キロの「宇宙エレベーター」、40年後に実現?大林組が構想 同社が描く「宇宙エレベーター」は、鋼鉄の20倍以上の強度を持つ炭素繊維「カーボンナノチューブ」製のケーブルを使った30人乗り。地球と月の間の距離の4分の1に相当する高度9万6000キロメートルに時速200キロ、7日間で到達する。観光客は高度3万6000キロに設置するターミナル駅まで、科学者や研究者はその先まで行ける構想だという。 同社PR誌「季刊大林」の勝山里美(Satomi Katsuyama)編集長によると、宇宙エレベーター構想は同社が手がける東京スカイツリー(Tokyo Sky Tree)に刺激を受けて生まれた。地上から建設していくのではなく、宇宙からケーブルを垂らして建設するという。同社の建設、設計、気象などに関わる専門家らは、絵空事ではなく実現可能だと言っているという。

ドラえもんの世界が現実になる~~~[ぴかぴか(新しい)]宇宙までエレベーターで行かれるってすごいです。それも40年後ってはるか未来ではないし。ワクワクしますね。
スポンサードリンク

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。