So-net無料ブログ作成
スポンサードリンク

プライバシー保護回避問題、米グーグルに批判殺到 [IT]

騒動の発端は前週、米グーグル(Google)の広告関連企業3社による、ユーザー情報などを記録する電子ファイル「クッキー」が、米アップル(Apple)のPCやiPhoneなどで使われているウェブブラウザー「Safari(サファリ)」のトラッキング(追跡)拒否機能を回避していたことが判明したことだった。調査は、米スタンフォード大学(Stanford University)の院生によって行われた。  そしてマイクロソフトも21日、同社ウェブブラウザー「インターネット・エクスプローラー(Internet Explorer、IE)」で同様のケースが確認できたと発表した。  プライバシーより利益を優先したと非難されているグーグルだが、この件については、あくまでオンラインプライバシーの保護対策において「副作用」として生じたものだと主張している。  前週の公表を受け、グーグルはこのクッキーの使用を既に停止している。
副作用でもプライバシーは守ってもらわなくちゃ・・・。
スポンサードリンク

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。