So-net無料ブログ作成
スポンサードリンク

「iPad」訴訟合戦、中国IT企業が米国でアップルを提訴 [IT]

中国ではこの裁判以前に2011年、アップル側が唯冠科技を商標権侵害で訴えているが、深センの裁判所は「証拠に欠ける」として棄却。アップル側が控訴している。 「iPad」の商標は、台湾にある唯冠科技の関連会社が、アップルのiPad発売以前の2000年に中国を含む複数の国で商標登録していた。アップルは09年にこの関連会社から商標を買い取ったが、唯冠科技側は、中国国内における商標権の売却権はこの関連会社にはないと主張している。  中国企業による知的財産権侵害に関する外国企業の訴えは多いが、中国企業が外国企業を商標権侵害で訴えることは珍しい。唯冠科技は財政難にあり、アップル側の巨額の和解金に関心を示しているとも伝えられている。
どうなるのかしら?中国には似たような名前もたくさんあるような・・。
スポンサードリンク

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。