So-net無料ブログ作成
スポンサードリンク

米社発見の財宝「19世紀のスペイン帆船に属す」 [アメリカ・ヨーロッパ・中国アジア]

ジェームズ・グールド(James Goold)弁護士は、同日スペインの首都マドリード(Madrid)で行った記者会見で、沈没船から引き上げられた銀貨や船内設備、さらに発見された場所など「複数の証拠」から、問題の財宝は、アルガルベ(Algarve)沖で英国艦船に撃沈されたスペインの帆船「ヌエストラ・セニョーラ・デ・ラ・メルセデス(Nuestra Senora de las Mercedes)」号のものだと語った。 「メルセデス」号撃沈は、スペインが英国に宣戦布告し、両国が再びナポレオン戦争(Napoleonic Wars)に突入するきっかけとなった事件。  問題の財宝を発見したのは米フロリダ(Florida)州タンパ(Tampa)に拠点を置く海底探査会社オデッセイ・マリン・エクスプロレーション(Odyssey Marine Exploration)で、同社は2007年5月、「大西洋の公海内で」銀貨50万枚と金製品数百点などを発見したと発表した。  これに対しスペイン政府は、財宝が民間の商船ではなくスペイン軍の船から発見された可能性、および沈没船がスペイン領海にある可能性があり、その場合には財宝はスペインのものだと主張し、フロリダ州裁判所に申し立てを起こした。  8日に提出予定の書類の中でスペイン政府は、「メルセデス号の引き上げやスペイン水兵とその家族の墓を荒らすことをスペイン政府は許可も同意もしない」と言明。 「メルセデス号撃沈はスペインおよび欧州史上極めて重要な事件であり、沈没船はスペインの不可分財産かつ歴史的な国家遺産」と主張している。  グールド氏も、船は明らかにスペイン帆船であり、オデッセイ社の「公海域内」で見つかったとの主張は「無関係だ」としている。これについてオデッセイ社側は、見つかった銀貨がスペイン製と判明したからといってスペイン船から見つかったものとは限らないと反論している。
スペインがイギリスに宣戦布告し、ナポレオン戦争のきっかけとなった帆船「メルセデス号」の沈没船ということでしたら、財宝はスペインのものなのでしょうね。この裁判のゆくえは??
スポンサードリンク

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。