So-net無料ブログ作成
スポンサードリンク

米大統領の「グーグルプラス」に中国ネットユーザーが突然大集合! [アメリカ・ヨーロッパ・中国アジア]

米グーグル(Google)のSNS「グーグルプラス」は前年のサービス開始以降、中国国内ではインターネット検閲システム、通称「万里のファイアウオール(Great Firewall of China)」に遮断され利用できなかった。だが、中国のネットユーザーらによるとこの数日、突然グーグルプラスに接続が可能になったという。  中国ネットユーザーはこの機会をとらえ、オバマ大統領のページで自分たちの存在感を誇示すると決めたようだ。1人のユーザーは、大統領選の車バンパー用ステッカーに関するオバマ大統領の最新投稿に、英語で次のようなコメントを寄せた。「多くの人々は、なぜ中国人たちがここに集まっているか、その意味を理解していない。私たちはアメリカ人の民主主義と自由に嫉妬しているのだ!」  コメントの大半は表現の自由と人権についてのもので、米国のグリーンカード取得方法といったより実用的な話題も多い。  これらのコメントが全て実際に中国から書き込まれているかどうか確かめるのは難しいが、多くは中国本土で広く使われている簡体字で書き込まれており、表現も中国国内のマイクロブログと似ている。「万里のファイアウオール」にどのような不具合が生じているのかも特定はできていない。
突然グーグルプラスに接続が可能になったことを発見した人はワァオ[グッド(上向き矢印)]と思ったでしょうね。
スポンサードリンク

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。