So-net無料ブログ作成
スポンサードリンク

スペインで70年ぶりの乾燥した冬、山火事・水不足に懸念広がる [アメリカ・ヨーロッパ・中国アジア]

 スペインでは夏の山火事は珍しいことではないが、今年は早くも森林火災の被害が相次ぎ、北西部ガリシア(Galicia)州では既に400ヘクタールに及ぶ森林が山火事によって失われた。水不足で農作物や家畜の餌となる牧草も打撃を受けている。同州ブロコス(Brocos)村付近のポルトデモウロス(Portodemouros)湖の湖面は目に見えて縮小し、干上がった部分の湖底にひびのような割れ目が広がっている。  2月22日に発表された最新の政府報告によると、国内の水源の貯水率は3分の2ほどに留まり、農業や牧畜に利用できる水量が圧迫されている。  スペイン気象当局は、4日以降は雨が4日間に渡って続くものの、その後はまた高気圧が到来し、乾燥した気候が続くと予報している
この写真は、湖が干上がって底がひび割れしてるじょうたいの写真ですって。かなり深刻な状態ですよね・・・。自然災害には勝てないですね。雨が降ってくれるといいですね。
スポンサードリンク

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。