So-net無料ブログ作成
スポンサードリンク

「同性愛者より独裁者のほうがまし」 ベラルーシ大統領、独外相らを非難 [アメリカ・ヨーロッパ・中国アジア]

この発言は、ベラルーシへの制裁強化策を推進したポーランドとドイツの外相に対して向けられたもの。ルカシェンコ大統領はベラルーシで開かれた大規模なスキーイベントでこう語った。 「1人はワルシャワ(Warsaw)でもう1人はベルリン(Berlin)に住んでいる。独裁体制について叫んでいた後者の人物だが、私はこう自問したよ。同性愛者になるくらいなら独裁者のほうがましだ、とね」  ルカシェンコ大統領が引き合いに出したのは、ドイツのギド・ウェスターウェレ(Guido Westerwelle)外相。ウェスターウェレ外相は自らが同性愛者であることを公言している。  ルカシェンコ大統領は昨年、ウェスターウェレ外相との会談で「正常な生活を送りなさい」と外相に語り掛けたことがあると明かしている。このときは大統領が後に謝罪したものの、「同性愛者は好きじゃない」と付け加えていた。  旧ソ連の集団農場指導者だったルカシェンコ氏は、一度は米国に「欧州最後の独裁者」と名指されたこともある。ルカシェンコ氏の18年間の統治下で、ベラルーシは外交的に孤立化した。  ベラルーシは前月、欧州連合による制裁の強化を受けてベルギーとポーランドから大使を召還。これを受けて欧州連合側もベラルーシから大使を召還している。  これまで欧米から度重なる制裁を受けてきたルカシェンコ大統領だが、今度は2014年アイスホッケー世界選手権(Ice Hockey World Championship)のミンスク(Minsk)での大会開催が危ぶまれている。熱烈なスポーツ愛好家の大統領にとって、これは深刻な問題だ。  既に新スポーツ施設を首都に建設済みのルカシェンコ大統領は、ミンスクでの開催に確信を持っていると語っている。「ベラルーシは、2014年世界大会をミンスクで開催する資格がある。非常に真剣に準備を進めている」と、ルカシェンコ氏は発言している。
そんな発言はしてはダメでしょう・・・。
スポンサードリンク

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。