So-net無料ブログ作成
スポンサードリンク

太陽からの磁気嵐、しばらくは警戒を 米気象当局 [宇宙]

 今週発生した太陽表面の一連の爆発現象「太陽フレア」により発生した磁気嵐は、34時間かけて米東部時間8日未明(日本時間同日午後)に地球に到達したが、その強さは5段階のうち最も小さい「G1」だった。  NOAAの宇宙気候学者ジョゼフ・カンチェス(Joseph Kunches)氏は「NOAAの予報士は苦戦した」としながら、予測の難しさをピッチャーが投げたボールの行方はキャッチされるまで分からない事になぞらえ、「われわれはそのボールのスピンを見逃していた」と述べた。 ■しばらくは警戒を  カンチェス氏はこれまでGPSや送電網の障害報告はなく、またオーロラはNOAAが予測していた地域より北で観測されるだろうと述べた。しかし磁気嵐は続くため、今後24時間は影響が大きくなる可能性があるとして注意を呼びかけた。  米航空宇宙局(NASA)によると、国際宇宙ステーション(International Space Station、ISS)に滞在中の宇宙飛行士らに、今回の磁気嵐の影響はなかったという
今回の磁気嵐は弱いものだったから、影響はなかったようですが、しばらく警戒が必要のようですね。
スポンサードリンク

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。