So-net無料ブログ作成
スポンサードリンク

個人の検索履歴利用したターゲット広告、米国人の大半が不快感 [IT]

 ピュー・リサーチ・センターが18歳以上の2253人を対象として1月20日から2月19日に行った調査「インターネットと米国人の生活プロジェクト(Internet & American Life Project)」によると、回答者の91%が、探している情報をほとんど、あるいは常に見つけることが出来ると答えた一方、ターゲット広告や個人向けにカスタマイズされた検索結果を表示するサービスを快く思っていないとの回答は、過半数を超えた。 「ネット上の行動を追跡・分析されたくないので、ターゲット広告は良くない」との回答は、全体の68%。また、検索履歴の情報を集め、これを検索結果に反映させる各個人にカスタマイズされた検索サービスについて、「プライバシーの侵害なので良くない」との回答は73%に上った。さらに65%が、検索結果のカスタマイズは「検索結果が限定されるので良くない」と答えた。  一方、検索エンジン企業がカスタマイズ検索サービスを目的に個人のネット検索動向を追跡することについて、「興味に合った広告や情報を見ることができるので問題ない」との回答は28%、「プライバシーの侵害にはあたらない」との回答も23%に留まった。  同調査の報告書をまとめたクリステン・パーセル(Kristen Purcell)氏は、「検索エンジンは、以前にも増して情報を探し当てる重要なツールとなってきているが、大半のユーザーは検索履歴が個人向けの情報発信に使用されることを快く思っていない」と分析。「検索エンジン企業が検索履歴を追跡することについて、ユーザーの大多数はプライバシーの侵害だと感じたり、検索結果が限定されることを懸念している」と結論付けた。
「ネット上の行動を追跡・分析されたくないので、ターゲット広告は良くない」との回答は、全体の68%。ってわかる気がします。でも、興味に合った広告や情報を見ることができるというのも一理あります。
見られてる感が強いのはイヤですね[ふらふら]
スポンサードリンク

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。