So-net無料ブログ作成
スポンサードリンク

紛失スマートフォンの発見者は高確率で情報をあさる、米調査 [IT]

シマンテックは、米国とカナダのショッピングセンターやバス停、その他公共施設でスマートフォン50台を故意に「紛失」し、スマートフォンに組み込んだソフトウエアで監視を行った。  調査の結果、「見知らぬ人がスマートフォンを発見した場合では、個人情報と業務情報の両方にアクセスしようとする可能性が非常に高い」ことが示されたという。  この「スマートフォンハニースティックプロジェクト(Smartphone Honey Stick Project)」の結果は、12日に公表された。 ■事例の96%で個人・業務情報へのアクセス  スマートフォンを発見した人の半数は、持ち主に携帯電話を返却していた。だが89%のスマートフォンで、オンライン銀行口座などの個人情報を保管したアプリがアクセスされていた。  ビジネス関連でも「人事」と題された書類は83%のスマートフォンでアクセスされた。総じて、紛失したスマートフォンの96%で個人情報またはビジネス情報へのアクセスが試みられていた。  シマンテックは、解かれにくいパスワードでスマートフォンにロックをかけ、外出時はいつもそばに置いておくようアドバイスしている
え~イヤだ[ちっ(怒った顔)]ぜったいにスマホを失くしたくない・・・[あせあせ(飛び散る汗)]ロックしておくのは大切なのは分かっていますが、面倒なのですよね。皆さんはロックしてますか?
スポンサードリンク

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。