So-net無料ブログ作成
スポンサードリンク

失われたダビンチの壁画、現存する可能性 イタリア [アメリカ・ヨーロッパ・中国アジア]

米カリフォルニア大学サンディエゴ校(University of California, San Diego)のマウリツィオ・セラチーニ(Maurizio Seracini)博士らが、ベッキオ宮殿内の豪華に飾られた広間の壁の裏側に内視鏡を入れて調べたところ、採取した破片にダビンチの『モナリザ(Mona Lisa)』にも使われた黒い顔料が含まれていることが分かったという。  10年にわたって『アンギアーリの戦い』について調査してきたセラチーニ博士はダン・ブラウン(Dan Brown)のベストセラー小説『ダ・ヴィンチ・コード(The Da Vinci Code)』にも実名で登場する人物だ。  調査では、表面の壁と隠された古い壁の間に3センチほどの空間がある場所が存在することを突き止めた。隠されていた古い壁の表面に赤いラッカーと茶色の顔料があるのも見つかっており、研究者らはフレスコ画が描かれていたことを意味すると話している。
調査には反対の意見もあるのですね。バサーリの作品が傷つく恐れがあるからなのですね。傷つけずに見る事ができるなら、みたいですね[わーい(嬉しい顔)]
スポンサードリンク

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。