So-net無料ブログ作成
スポンサードリンク

強姦犯との結婚強要され16歳少女自殺、モロッコ [アフリカ・中東]

被害にあったアミナ・フィラリ(Amina al-Filali)さん(16)は、強姦罪での起訴を逃れようとした加害者の男との結婚を強要され、前週、殺鼠剤(さっそざい)を飲んで自殺した。  モロッコでは強姦罪は5~10年の禁錮刑に相当し、被害者が未成年だった場合は10年~20年の禁錮刑となるが、刑法には加害者が被害者と結婚するならば起訴しないとの条文がある。イスラム教国の同国では、婚姻以外による処女喪失は一族の恥ととらえられているため、被害者の家族も加害者の要求を受け入れることが多い。  フィラリさんと加害者の男との結婚を認めたアライシュの地方裁判所前では15日、女性人権団体の呼びかけに応じた300人が座り込みの抗議デモを実施。同国の法律はうわべは家族を重んじながら女性の人権をないがしろにしていると批判した。  ハッカウイ氏の前任のヌズハ・スカリ(Nouzha Skalli)前社会開発・家族・連帯相も、現在の刑法は「レイプ被害に遭った未成年をまるで犯罪者のように扱っている」として、女性に対する暴力を禁止し性差別撤廃を定めた新憲法に合致するよう刑法を改正するよう2Mテレビで訴えている。
酷いですね[ちっ(怒った顔)]性差別がかなりある社会のようですね。刑法の改正が行なわれて、これ以上犠牲者を出さない社会を作ってほしいですね。
スポンサードリンク

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。