So-net無料ブログ作成
スポンサードリンク

元喫煙者の「生々しい助言」、米当局が反たばこ広告キャンペーン [アメリカ・ヨーロッパ・中国アジア]

煙習慣の撲滅を掲げ、テレビやラジオ、インターネット、雑誌・新聞のほか、映画館でも流される。  テレビ広告には、喫煙が原因で肺がんや心臓病などを患った人びとが登場。生々しい手術跡をテレビカメラにさらし、苦痛の体験を赤裸々に語る。その中の1人、ルーズベルトさん(45)は、たばこが原因で心臓発作を起こすなど夢にも思っていなかったと語る。  米政府の最新統計によると、米国の喫煙者は全人口の20.6%を占め、うち400万人が若年層。一方、喫煙が原因の疾病にかかっている人は800万人を超えている。
「たばこが原因で心臓発作を起こすなど夢にも思っていなかった」という人が殆どなのでしょうね。タバコの害は知っていても、まさか自分が・・・そうなるとは思っていないから、吸い続ける人がいるのでしょうね。

スポンサードリンク

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。