So-net無料ブログ作成
スポンサードリンク

元グーグル幹部、ブログで辞めた理由を激白 [IT]

米ソフトウェア大手マイクロソフト(Microsoft、MS)に務めていたウィテカー氏は2009年、ソフトウェアエンジニア幹部職を得てグーグルに転職したが、グーグルを辞め、現在は再び古巣のマイクロソフトで働いている。  ブログでウィテカー氏は、「わたしが情熱を抱いていたグーグルは、社員の革新意欲を奨励し尊重するテクノロジー企業だった。だが、私が去ることになったグーグルは、社から強制された1つの目的だけに集中する広告会社になっていた」と失望感を語っている。  その目的とは、ソーシャルネットワーク市場の王座を勝ち取ることだったという。同市場の王者はフェイスブック。一方、グーグルはソーシャルネットワーク市場に「Google Buzz」や「Google Wave」といったサービスを提供したものの、大きくつまずいていた。 「そこでラリー・ペイジ(Larry Page)自らが、このつまずきを建て直すために指揮権を執った」と、ウィテカー氏は、昨年のグーグル共同創設者ラリー・ペイジ氏の最高経営責任者(CEO)就任について述べる。 「ソーシャル(サービス)が最重視され、『グーグルプラス(Google+)』という名の企業使命になった」。動画サイト「ユーチューブ(YouTube)」などの人気サービスに、SNSのグーグルプラスを連携させることに事業の重点が置かれた。 「寓話のウサギのように、十分に差をつけたと確信したグーグルがソーシャル(サービス)の夢から目を覚ますと、広告首位の座が脅かされていたのだ」(ウィテカー氏)  グーグルは、実験的なプロジェクトを行ってきた「Google Labs」を閉鎖。また、通常業務とは異なるアイデアについて勤務時間の20%を従業員に充てさせる会社方針もないがしろにしたという。  Google+の開発にも関わったウィテカー氏によれば、フェイスブックへの対抗馬としてGoogle+は何の成果も達成していないという。「結果的に、(グーグルの主張するようには)ネットの共有サービスは壊れていなかった。共有サービスはちゃんと動作しており、グーグルがその一員じゃないだけだった」 「金持ちの子どもだったグーグルはパーティーに招かれなかったことを知り、その報復に自分でパーティーを主催した。そのグーグルのパーティーに誰も来なかったという事実は、部屋の中のゾウ(誰もが知っているが口に出したくない話題)になったのだ」とウィテカー氏は述べた。    ウィテカー氏の告白について、グーグル側はコメントを発表していない。
古巣に戻る事ってあるのですね・・・。
スポンサードリンク

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。