So-net無料ブログ作成
スポンサードリンク

南極半島のラーセンB棚氷、17年で85%縮小 [サイエンス]

欧州宇宙機関(European Space Agency、ESA)は5日、地球温暖化の影響が急速に進む南極半島(Antarctic Peninsula)のラーセン棚氷が、過去17年間で85%縮小したと発表した。  ESAの地球観測衛星エンビサット(Envisat)が捉えた画像からは、1995年には中東カタールの国土に匹敵する1万1512平方キロメートルの面積があったいわゆる「ラーセンB(Larsen B)」棚氷が、現在ではわずか1670平方キロメートルまで縮小している事が分かる。  ラーセンBは、南米に向かって北に伸びた南極半島東部を南北に走る3つの棚氷の1つ。1995年~2002年に何度か一部が崩落し、02年には残存していた棚氷の半分が一気に崩壊した。ラーセンAは1995年に崩壊している。  ESAによれば、「ラーセンCは今のところ健在だが、衛星観測から縮小していることや、夏季の溶解期間が長期化していることが分かる」という。    棚氷は、陸上の氷河が海に押し出されてできた厚い氷で、陸上から連結して洋上に浮かんでいるもの。科学者らによると暖流や気温の上昇に非常に影響されやすいという。  南極半島の北側では、過去50年間で気温が2.5度上昇しており、地球全体の平均より数倍高くなっている。
地球温暖化がかなり進んでいるのですね[あせあせ(飛び散る汗)]過去17年間で85%縮小とは。びっくりです。早く手立てを打たないと、海面が上昇して、海抜0メートルの場所がどんどん海になってしまう・・・[ダッシュ(走り出すさま)]
スポンサードリンク

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。