So-net無料ブログ作成
スポンサードリンク

ニューヨークの公衆電話がタッチスクリーンに変身 [アメリカ・ヨーロッパ・中国アジア]

ニューヨーク(New York)の公衆電話の一部が、タッチスクリーンを搭載したタブレットに置き換えられる。ニューヨーク市当局が9日、明らかにした。  この試験プログラムは来月スタート予定で、同市内の250か所の電話ボックスに、電話ではなく32インチ(81センチメートル)のタッチスクリーンが設置される。  新しいタッチスクリーンは数か国語で表示され、同市技術課のニコラス・ズボルドーネ(Nicholas Sbordone)広報担当によると、観光客や地元住民が近隣のレストランやバーゲン、エンターテインメントなどの情報を得られるようにするのが狙いだという。  同時に「311」への直通ダイヤルもあり、市当局に対する緊急性の低い苦情や質問にも対応する。  現在のところ、このタッチスクリーンから自由にインターネット検索は出来ないことになっている。だが、この試験プログラムが順調に進めば、1万2800台の既存の公衆電話にも適用され、Eメールやスカイプを使った通話も可能になる予定。
すごく未来的ですね[わーい(嬉しい顔)]日本もそのうちになるのかな?
スポンサードリンク

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。