So-net無料ブログ作成
スポンサードリンク

マセラティ、新戦略で「身近」なブランドへと変身か? [アメリカ・ヨーロッパ・中国アジア]

高級スポーツカーとして有名なイタリアのマセラティ(Maserati)だが、前週発表された新戦略を見る限り、今後はより「身近」な自動車メーカーとなりそうだ。  2011年のマセラティの生産台数は6159台で、路上でも最も「レア」なブランドの1つだった。しかし、マセラティの親会社フィアット(Fiat)は前週、2015年までにマセラティの年間生産台数を5万台に引き上げ、新車3種を投入すると発表した。  既にSUV「クーバン(Kubang)」を発表しているが、今後は独BMWの「5シリーズ」や同アウディ(Audi)の「A6」などに対抗する車種として、4ドアサルーン「クアトロポルテ(Quattroporte)」(販売価格12万7000ドル、約1023万円)の「ライト」バージョンを投入すると見られる。  更にお手頃な車種を求める消費者層にも、マセラティ製の新車種がもうすぐお目見えとなりそうだ。  フィアット社はコスト削減の一環として、マセラティと同じく傘下にあるアルファロメオ(Alfa Romeo)の新車を、イタリア・モデナ(Modena)にあるマセラティの工場で生産する方針だ。車種は不明ながら、アルファロメオの高性能フラッグシップモデルとなる後輪駆動クーペと考えられ、欧米で発売が見込まれている。価格は5万ユーロ(約523万円)前後と予想される。  業界誌「Automotive News」によれば、マセラティの工場でアルファロメオの新車を生産する理由は「アルファロメオにはじっくりと車を手作り出来る専門家がいない」ため。つまり、消費者はマセラティの高いクオリティを保ちつつ、価格はマセラティの数分の1に抑えた車を入手できるようになるのだ。  この新車は、前年ジュネーブモーターショー(Geneva Auto Show)に出品された「4Cコンセプト」をベースにしたもので、13年発売と見られる。
手の届く価格になるのかな?乗ってみたいカッコイイだろうな~[わーい(嬉しい顔)]
スポンサードリンク

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。