So-net無料ブログ作成
スポンサードリンク

1つ屋根の下33人、南アの一夫多妻家族 大統領の6回目結婚も歓迎 [アフリカ・中東]

南アフリカ・ヨハネスブルク(Johannesburg)郊外の集合住宅に住むロバート・チャウケ(Robert Chauke)さん(50)の自家用車は、22人乗りのバスだ。それでも、25歳から44歳まで計6人の妻と、下は生後10週間、上は28歳まで計26人の子どもたち全員が乗ることはできない。 「どの妻もみんな愛しているよ。これだけの大家族を授かったのは神からの恵みだと思う」と、チャウケさんは妻たちに囲まれながら微笑む。大家族は一族の伝統だ。祖父には7人、父親にも4人の妻がいた。長男も既に2人の妻を持つ。  チャウケさんの妻は6人とも専業主婦。チャウケさんはヨハネスブルク近郊のオレンジ・ファーム(Orange Farm)で居酒屋を経営し、自身もバンドで演奏して大家族を養っている。「家族全員が1つ屋根の下で暮らしている。私たちは1つの幸せな大家族だ」と誇らしげに語る。  自宅には寝室が7つあるので、妻たちはそれぞれ個室を持ち、順番にチャウケさんと夜を共にする。家事は分担し、互いの子どもたちの世話も助け合う。6人とも、他の妻に嫉妬することはないと言い切る。 ■変わる南ア社会、大統領に6人目の妻  こうした一夫多妻をめぐる議論が南アフリカで再燃しそうだ。ジェイコブ・ズマ(Jacob Zuma)大統領が今週末、長年の婚約者だったボンギ・ンゲマ(Bongi Ngema)さんと結婚するためだ。ズマ大統領の結婚はこれで6回目だが、1人とは1998年に離婚、別の1人が2000年に自殺し、現在の妻は3人。ンゲマさんは4人目のファーストレディーになる。  南アフリカで一夫多妻は合法で、ズールー(Zulu)やツォンガ(Tsonga)など主要民族の間に浸透している。ズマ大統領はズールー人、チャウケさんはツォンガ人だ。  だが、近代化とともに欧米化が進み、一夫多妻も減少傾向にある。2010年の調査によれば、南アフリカ国民の4人に3人が一夫多妻に否定的だった。とりわけ女性では83%が反対だった。  1世帯あたり人数も減少しつつあり、1996年に4.5人だった平均世帯人数は、2007年には3.7人になった。
文化の違いって大変ですね。一夫多妻に女性では83%が反対してるのにこの文化を受け入れないとならないとは・・・[あせあせ(飛び散る汗)]一妻多夫性の国もあるのかな[exclamation&question]
スポンサードリンク

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。