So-net無料ブログ作成
スポンサードリンク

33年前の男児失踪事件、自宅近所の地下室を捜索 米NY・ソーホー [アメリカ・ヨーロッパ・中国アジア]

米ニューヨーク(New York)で30年以上前に謎の失踪を遂げた当時6歳の男の子の消息を突き止めるため、ニューヨーク市警と米連邦捜査局(FBI)が前週19日から、市内ソーホー(SoHo)地区にあるマンションの地下室の掘り起こし作業を行っている。  捜索が行われているマンションの地下室は、今も両親が暮らすイータンくんの自宅アパートから約50メートルほどしか離れていない。捜査員らは20メートル四方の地下室のコンクリート床の掘り起こしと、その下の土壌や土台部分を捜索しており、作業には数日かかる予定だという。  イータンくん不明事件は未解決のまま死亡が宣言されていたが、2年前に両親の要請に基づきマンハッタン地区検事長が捜査再開を決定。最近になって、警察が死体捜索犬にこの地下室内を捜索させたところ、反応を示したという。  地元メディア報道によれば、事件当時この地下室を作業場としていた修理工のオスニエル・ミラー(Othniel Miller)氏が捜査線に上がっている。ミラー氏は当時、イータンくんが住んでいた建物内で作業をしており、イータンくんとも顔見知りだった。同氏は20日、代理人を通じて「事件へのいかなる関与も否定」している。
このような失踪事件て多いですね。解決すると良いけど[バッド(下向き矢印)]
スポンサードリンク

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。