So-net無料ブログ作成
スポンサードリンク

ベスビオ火山の火口で抗議、地元観光団体の閉鎖受け イタリア [アメリカ・ヨーロッパ・中国アジア]

 男性らは、ベスビオ火山周辺で登山道の管理などを行う「Vesuvius, Nature and Work」で働いていたが、同団体は2008年に資金不足を理由に閉鎖した。火口に降りていったのは、この時解雇された55人の内の6人。  6人は、火口から約10メートル下の岩に陣取り、「必要ならずっとここに残る」としているが、この場所は岩場が崩れる危険性も指摘されている。なお食糧と水は元同僚らがウインチを使って供給しているという。  地元組合の代表は伊ANSA通信に対し「カンパニア(Campania)州からの回答もしくは(契約更新の)署名がもらえない限り、彼らはあそこに留まる」と述べた。  火山があるのは、約135平方キロメートルの広さを誇り、ナポリ湾の美しい景色を見渡すベスビオ火山国立公園(Vesuvius National Park)。火山が最後に噴火したのは1944年だが、最もよく知られるのは、西暦79年に古代ローマ(Rome)の都市ポンペイ(Pompeii)を壊滅させた大噴火。
いくら抗議だからって、火口に降りちゃ危なすぎるでしょ。自分の命を守らなくちゃ。
スポンサードリンク

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。