So-net無料ブログ作成
スポンサードリンク

白いシャチ!めずらしいですね [アメリカ・ヨーロッパ・中国アジア]

「極東ロシア・オルカプロジェクト(FEROP)」のエリック・ホイト(Erich Hoyt)共同ディレクターによると、アイスバーグは12頭からなる群れと行動しており、背びれの大きさから当時少なくとも16歳だったと見られる。  ホイト氏は、白いシャチの成体の雄を見たのはアイスバーグが初めだとして、「息を飲むほど美しい生き物だ」と感動を語った。   FEROP研究チームでは、アイスバーグがアルビノであるかどうか確かめたいとしている。アルビノの固体は遺伝子の異常でメラニンを生成できず、皮膚や毛、網膜、眼球の色がない。視力が弱く、餌を探したり敵から身を守る際に不利益になるため、動物のアルビノの多くは成体になる前に死亡してしまう。
全体を見てみたいです[目]
スポンサードリンク

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。